G-SHOCK GA-2100をレビュー!アウトドアに普段使いに大活躍

登山する時、バイクでツーリングキャンプに出掛ける時など、腕時計があると便利だよなぁ。

山で携帯を見るのは面倒だし、バイクでは携帯触るのNGだし、ハンドル部分にホルダーとかつけたくないし。

そんな思いを持っていて、何かいい腕時計を見つけたら買おう!と決めて数カ月経ったある日のこと・・・

いつものようにSNSをチェックしていたら、とあるデザイナーさんが「こんなG-SHOCKが発売されるらしい」と紹介されているのを見つけ、これだ!と思い、すぐに予約をして購入したのがご紹介するGA-2100。

G-SHOCKをそれまで使っていなかったということもあり、候補としてチェックをすることすらしていなかったのでSNSをチェックしていた自分を褒めてあげたい!

そんな風に思えるほどおすすめのモデルですので、ぜひチェックをなさってみて下さい。

GA-2100はこんなモデル

仕様の詳細については、CASIOの公式サイトをご覧頂ければと思いますが、気になるポイントだけピックアップしてGA-2100がどんなモデルであるのかを少しだけご紹介。

サイズや重量について

GA-2100のケースサイズについて

ケースサイズが48.5×45.4×11.8mmとなっていて、全体の重量が51gとなっています。

ケースには高い剛性を持ちつつ軽量性も実現できるカーボン繊維の入ったファインレジンを採用しているため、51gという軽さでありながら安心して使える耐久性も持ち合わせています。

ちなみにApple Watchの44mmバージョンですとケースが36.5gでスポーツバンドが51gとのこと。合計で約90gとなるため、GA-2100の方が40g程軽量であるようです。

もちろん。大きな差ではないように思いますし、できること・役割も違うのでApple Watchと比較するのはどうかな?と思いましたが、参考までに。

電池について

電池については、G-SHOCKで搭載されることのあるタフソーラーという太陽光や蛍光灯の明かりで充電できるものは残念ながら搭載されていません。

ボタン電池式となっていて、電池の寿命は約3年とのこと。

カラーラインナップについて

オールブラックのGA-2100-1A1JF

レビューをするのは、GA-2100-1A1JFというオールブラックのモデルなのですが、この他にもレッドカラーやケース部分がカモ柄になっているモデルなどがラインナップされています。

2021年3月17日現在で、9つのカラーが用意されているので、用途や好みに合わせて選ぶことができますよ!

価格について

今回ご紹介しているGA-2100-1A1JFについては、13,500円+税とリーズナブルな価格設定となっています。

ただ、人気モデルであることもあり、某ECサイトでは25,000円ほどという価格がついていて、定価よりも値上がりしてしまっていることもあるようですね・・・

GA-2100シリーズの中で一番高価なのがGA-2100THS-1AJRというモデルで17,500円+税なのですが、こちらはバンドが2本同梱されていて、気分に合わせて交換することができるタイプであるようです。

G-SHOCK GA-2100の4つの魅力

仕様・スペックについては、エントリーモデルに分類される他のG-SHOCKと大きく異なるポイントはほとんどないかと思います。

ただ、実際に使ってみていいなぁ!と感じることができたポイントを4つの魅力としてシェアさせて下さい。

特に、アウトドアシーンで使える腕時計をお探しの方にピッタリのモデルなのでは?と思っているので、キャンプが好き!山登りが好き!という方は要チェックですよ。

タフに使うことができる安心感

アウトドアでタフに使うことができる

先程もお伝えした通り、GA-2100に限ったことではなくG-SHOCK全般に言えることではあるのですが、アウトドアシーンでも気を使いすぎることなくタフに使えるというのは、やはり大きな魅力と言えるでしょう。

例えば、20気圧防水がついていることで「水に濡れたら・・・」という心配も不要ですし、耐久性に定評のあるG-SHOCKですから「落として壊してしまったら・・・」という不安を抱える必要 もないのです。

また、GA-2100の特徴としてケースにカーボンが使われており、軽量でありながら、高強度であり屋外の使用に適した耐候性に優れているという点も嬉しいポイントの一つ。

普段使いもできるシンプルなデザイン

シンプルなデザインがGA-2100の魅力の一つ

SNSを見て一目惚れで購入したこともあり、そのデザイン性も魅力に感じているところです。

正直なところ、写真では好みのデザインであったものの実際に届いて見てみると、チープな印象であったりイメージと違うところがあるかもしれないなぁと少し心配をしていたのですが、杞憂に終わりました。

それに、スポーティなイメージの強いG-SHOCKでありながら、普段使いもできるくらいシンプルで色々なコーディネートに取り入れやすいというのも大きなポイント。

プレゼントにもおすすめのBOX

また、腕時計として使う際にはあまり関係のないことではありますが、このようなBOXに入っているので自分用に購入するだけでなくプレゼントなどにも喜ばれることでしょう。

アウトドアでも使いやすい操作性

アウトドアでも操作がしやすい4つのボタン

スマートウォッチとは違って時計を操作することは少ないのですが、バックライトを点灯したりストップウォッチを使ったりするボタンが押しやすいのも魅力と言えるでしょう。

例えば、バイクに乗っている時はグローブ・手袋をつけているのですが、取り外して素手ででないと操作できない、ということもありません。

また、機能がてんこ盛りというわけでもないので、機械に弱くて・・・という方にも安心してお使い頂けますよ。

リーズナブルに購入できる

そして何より、15,000円を切るというとってもリーズナブルな価格設定であるというのも嬉しいですよね。

実は、実物を見ずに即決できたのもこの価格設定が大きかったんですよね。

この価格であれば、万が一デザインや仕様が自分のイメージと異なっていたとしても、失敗したー!と後悔をしてしまうこともないでしょうから。

もちろんお気に入りのアイテムとなった今では、後悔などするはずもなく、この価格で手に入れることができて本当にいい買い物ができたと喜んでいます。

こんなモデルの腕時計が出たら乗り換えてしまうかも

ここまでご紹介して、なんとなく伝わっているかもしれませんが、後悔ゼロの買い物をした!と思っているくらいGA-2100に対しての不満がないので、弱点・欠点をお伝えすることは難しいのですが・・・

もしこんなモデルの腕時計が出たら乗り換えてしまうかもしれないなぁと妄想してみましたので、ご購入検討時の判断材料の一つとして参考になさってみてください。

タフソーラーが搭載された同デザインのG-SHOCK

仕様を紹介した際にも書きましたが、GA-2100はボタン電池式であるため電池が切れてしまうと、電池交換をしなければいけません。

そのため、もし今後GA-2100と同じデザインでタフソーラーが搭載されたモデルが出たら、乗り換える可能性はあるかなぁと思っています。

GA-2100のボタン電池は約3年の寿命があり、電池交換が高い頻度で必要というわけではありませんので、大きな不満か?と聞かれたら「そこまでではない」という答えになるでしょう。

しかし、タフソーラー搭載のG-SHOCKですと、フル充電ができれば数ヶ月使えるものもあるようなので魅力に感じてしまいますよね。

FeliCaが搭載された充電長持ちのスマートウォッチ

実はGA-2100を購入するまではスマートウォッチで良いのがないか?と探していたんです。

スマートウォッチであればFeliCaが搭載されお財布機能が使えて、最低でも1日は余裕で充電が持つことを条件としていました。

ただ、AppleWatchを始めなかなか自分の希望に合致するものがなく、スマートウォッチを購入することを断念してしまっていたのです。

ですので、今後自分が良いな!と思うスマートウォッチが出たら乗り換えを検討するかもしれません。ただ、普段はスマートウォッチで山登りやキャンプの時にはGA-2100という風に乗り換えでなく使い分けになるかもしれませんが。

アウトドアに普段使いに大活躍のG-SHOCK

キャンプでGA-2100を使ってみた

今回は登山・バイクツーリングなどのアウトドアシーンで便利に使うことができる、G-SHOCKのGA-2100をご紹介・レビューしてみました。

機能面では、タフソーラーなどを搭載したモデルには及ばないものの、色々なアウトドアシーンで活躍してくれる腕時計であり、自信を持っておすすめできるG-SHOCKなのではないかと感じています。

普段使いでも活躍してくれるGA-2100

また、シンプルでシックなデザインであることから、G-SHOCKならではのゴツっとした雰囲気が出すぎないので、アウトドアシーンに限らず様々なシーンでコーディネートに取り入れてみてはいかがでしょうか?

さて、今回はアウトドアシーン・普段使いでも活躍してくれるG-SHOCK GA-2100をレビューしてみましたが、当マガジンではキャンプやアウトドアにおすすめのギアを包み隠さずレビューしていますので、気になる情報をチェックしてみてくださいね!